「3学期戦争~決意より習慣の方が強い!」~年が明けた闘いの日々を克服しよう~

■「新年だ!わくわく!」

と、心から言えるあなたに、

「あけましておめでとうございます!」

そして、「心がどよよ~ん」

のあなたに、

「あけちゃったね……。

でもだいじょうぶ。一緒に未来を語ろ!」

そんな恒例の季節がやってきました。

3学期。

心がざわつく季節ですよね。

特に不登校のお子さんやご家族、

ひきこもりの若者たちやご家族、

昨年、なんだか心が乱れてなんやかやが上手くいかなかったがんばり屋さん。

新年が明けて、心機一転しようと踏ん張ってはいるものの、なかなか心も体も動かない……。

そんな方々にとっては、「新学期」や「春」って言葉、キツイですよね。

こちらケアリングカフェに寄せられるお声も、

「来年に備えて、どうすればいいか」

「今後の進路に希望がない」

「将来が不安でたまらない」

「親としてどうすればいいか」

「他の子(親)に比べてうちの子(私)は……」

「自分の人生、このまま終わっちゃうんかな……」

などなど

「対:将来」

「対:世間」

「対:みんな」

に恐れおののきながら闘いに挑む切迫感満載でして、

なかなか、心から

「あけましておめでとう!」

って言えない方々からのメールが多数寄せられます。

で、わたくしが、そんな方々に送るお返事、

共通して捧げるメッセージがございます。

それは、何かというと、

「決意より、習慣の方が強いですよ!」

「決意なんかいりましぇん」

「闘いは不要!」

という「アンチ3学期戦争&新年決意」です。

  • 新年って、

「抱負」とか「決意」とか、「立志」とか?

そういうの掲げる人、多いですよね。

前年から新しいダイアリー帳なんか用意しちゃって、まっさらのその手帳を前に

「よし、今年こそ!」

な~んてはりきっちゃう方、あ、あなたもですか?

ケケけ、私もです((;^_^A)

でも、どうですか?

そういう

「決意」って、多くは……長続きしなくないですか?

で、長続きしない(できない)自分を責めて落ち込んで、時がたち……。

んでまた、新年が来て立志して時がたち挫折して……のくり返し。

そうなんですよ。

人生の多くの「決意」は、100%、みなさんの人生に功を奏してくれるわけではありません。

それはなぜか?

なぜなら、「決意」ってのは,「瞬間芸」だからです。

ですので、ショートターム(短期)に、ググッと踏ん張るような場面や選択、競争などの機会には、確かに、「決断」「決意」は大事です。

「その時が勝負!」ですんでね?

しかし、どうでしょう?

将来や進路、人生の選択や展望って、短期じゃないですよね?

ずーっと、生きている限り続く、アナタだけのものです。

それを構築するのに、

「対:世間」

「対:みんな」

の闘いに挑む必要がありますか?って話です。

「人生はマラソン」って言葉がありますでしょ?

そのマラソン中、

周囲の目を気にしながら短距離走のごとく全力出して、あとどうします?

って話ですね。

で、おすすめするのが、「習慣づけ」です。

新年は、決意じゃなく「習慣」

「習慣」に専心しましょう。

この習慣こそが、自分にとって本当に

「好きで・大切で・長続きする・意味のある暮らし」

となります。

そして、そこから、お子さんの、親であるあなたの

「リソース」

「強み」

「生きがい」

を見つけることができ、

「自分はこれでいい!……と思える自信」

を手に入れることができます。

「習慣づけ」については、また、後日、日をあらためてお話しましょうね。

ま、

そんなこんな、あられ美幸のセッションではお話しています。

「セルフカウンセリング」が功を奏すこの時期。

― 来年受験だ……

― こんな状態で、お前どうするんだ?!

― こんなじゃ将来、お先真っ暗だぞ!?

そんな声に振り回されず、

3学期戦争に巻き込まれず、

あなただけの、あなたのための、

あなたが幸せになる道を、一緒に構築していきましょう

2019年も、あなたにとって、いっぱいいいことがありますように★

あられ美幸

スポンサーリンク
スポンサーリンク

いいね!と思ったらポチっとクリック♪

↓↓あなたからのメッセージが励みになります♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク