男性平均寿命の短縮の理由が……中高年の自殺者増加ーーー?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【中高年の男性陣よ! 失業ごときで死んではならぬ!】

夫の海外赴任でアメリカに住んでいたある日のこと。

日本の男性の平均寿命が戦後初めて短縮した、というニュースがテレビで流れました。
たしか、「NHK World」のチャンネルだったと思います。

家族みんなで、焼うどん、食べてた時だったかな?
(どうでもいい……? (;^_^A)

で、

その「男性平均寿命の短縮」の理由がなんと!

中高年の自殺者の増加

……「リストラによる失職。会社でも家庭でも居場所がなくなったゆえの絶望感のしわざ」

なのだそうで。

「えーー?! 日本のお父さんたち、かわいそうだねぇ


これ、当時10歳の次女の言葉です。

「あれ? でも、おかあさん?
どうして仕事がなくなると、おうちの中に居場所がなくなるの?」


これは長女、当時12歳の言葉。

リストラにより失職したとしても、

家庭がある、

地域社会もある、

仕事はまた探せばいいじゃないか、

なぜに死ぬ必要があるのか?

……と彼女は言いたいらしい。

う~む、ごもっとも。

■ 専業主夫でも、カッコいいダディー in ニュージーランド

わが家が移住し居を構えておりますニュージーランド(以下NZ)には、

専業主夫が、そこここにおいでになります。

平日の日中、
ベビーカーを押す父親が、スーパーで実にさわやかな姿で買い物をしています。

家事に大いに参加する夫の代名詞

=「キウイ(NZの)ハズバンド(夫)」

と呼ばれるほどに、

この国のイクメン(または主夫)率は高く、

◆ 父親 → 学生 or 失業中、

◆ 母の方が稼ぎがよいので、父が主夫、

なんていう夫婦の図は、ぜ~んぜん珍しくありません。

仮に、夫が大黒柱でエリートサラリーマンであっても、

おうちに帰ればキッチンに立つし、

妻にコーヒー淹れるし、

子どもや犬と、もちろん妻と一緒にお散歩なんかもしちゃいます。

子どもたちは、

「お父さんのステータス」や、

「お父さんの稼ぎ」や

「お父さんの会社名」

には、まったく関心ございません。

子どもたちにとって大事なのは、

「お父さんが、いつも私の隣……ここにいてくれる」

それだけ。

「お父さんの最愛の人は、お母さんとボク(私)たちで、

お父さん、お母さんがいれば最強!」

それで十分。

ベビーカーを引き、子どもたちと遊び、エプロンしてクッキング。

天気がいい日には、芝刈りやDIYを楽しむお父さん。

子どもたちにとっては、じゅうぶんにカッコいいダディーなんであります。

■ 僭越ながら……わが家の場合 in ジャパン

かくゆう わが家。

私たちがアメリカ駐在の後、

ニュージーランドに移住した経緯はと言いますと……

……実は

「妻から夫への愛情と敬意ゆえの爆弾提言」

が発端なのでございます。(笑)

アメリカ、サンフランシスコに駐在していた夫。

それはもう……。

日本とアメリカの時差の中、

日本企業戦士代表のごとくヘロヘロに働いておりまして。

えぇ。

心身共に限界をきたしておりました

このままでは、過労自殺も招きかねない……

か~なり、ヤバい状態でありました。

で、妻の私が申し上げたんでございます。

「このままではあなた、過労で死んじゃう!

2人でゼロに戻って冒険の旅に出よう!

大丈夫、暮らしは何とかなる!

なんとかする!

会社なんかさ、クビになっちまおうぜぃ!」

幸せをあきらめたかのような、

魚の目をした、

過労自殺をもしかねなかった夫を前に、

妻の私が発したこの提言。

今でも悔いはございません。

【職なし・家なし一家でも、こうして幸せになれる!】

■ かなめは、夫婦のあり方

半年後、

夫は。

晴れて?

副社長の座を自らの意思で降り、

ニュージーランドへの冒険の旅に出ようと立志しました!

そして決行★

愛しあい、支え合い、互いが尊敬のまなざしで見つめ合う夫婦であれば、

子どもたちは、それだけで安心。

安心安全な居場所にいるからこそ、

彼らは両親を信じ、両親から学び育っていきます。

「よりよい教育」「子育て」を考える時、

まずは「夫婦のあり方」を、私は自分に問います。

1999年.

夏。

こうして、

「職なし、家なし一家」

ひとり、ひとつずつスーツケースをコロコロ引いて、
オークランド国際空港に降り立ちました。

まずは街に出ようとシャトルを待つ間、

夫と手をつなぎ、

「プーのおとうさん」を見上げる娘たちの笑顔を見て
妻は確信しました。

この笑顔たちは、

「お父さんすごい! こんな素敵なところに連れてきてくれてありがとう!」

と言っているに違いない、 と。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

いいね!と思ったらポチっとクリック♪

↓↓あなたからのメッセージが励みになります♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク