日本人留学生の口ぐせがヤバイ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【日本人留学生のブーイングに、は・て・な?】

「めんどくせぇ」

「だりぃ」

「うぜぇ……」

(今年、やたらよく耳にするなぁ)

と気がついたのは、勤めているニュージーランドの高校にて。

当時の私は、国際部(インターナショナルクラス)に留学カウンセラー兼ティーチャーエイド(補助教師)としてかかわっていました。

国際部と言うからには世界中から留学生が集まってきます。

今日は、そこで出会った生徒たちの「口ぐせ」のお話です。

+…………………………+

気がつけば彼らが日常的に発している口癖

「めんどくせぇ」「だりぃ」「うぜぇ」……。

聞く側にとって、一旦気にしてしまうとそれこそ「うざい」言葉でありまして。

で、この3大ブーイング。
どこの国からやって来た生徒たちの声だと思われますか!?

そうなんです。

ニッポンの生徒たちの声なんです、はぃ……。

いえいえ、全員というわけではもちろんありません。

あの子と、あの子と、そしてあの子、と名指しすることでもないんですけれど……。

声の持ち主をよく観察してみると、

う~む。

なるほど。

N高校の生徒さんに集中しています。

聞けば、このN高校、

「高校2年の1年間、ニュージーランに留学できますよ~!」

というカリキュラムをウリに生徒を募集しており、

毎年、ニュージーランドのおよそ20校に4~5人ほどを送り込んでいる私立高校です。

で、わが校にも、今年は3人の男子生徒がやってきたのでありました。

ある日、目に余る彼らの「怠学ぶり」に、わたくし、ぶちぎれたことがあります。

『キ、キミたちよ!

赤道を越え、飛行機で12時間弱もかけてやって来たんでしょうよ、ニュージーランドに。

父ちゃん母ちゃんが、

「わが子によき教育を! 経験を!」

と大枚を投じて実現した留学でありましょうよ、1年も。

で、ここに来て、「だりぃ」……はないだろうよ!?

「めんどくせぇ」だの、「うざい」はないでしょうよ?!』

と。(;^_^A

すると、彼ら、動じることなくこういいました。

「別に入りたくて入った高校じゃねぇし!」

「入試全部失敗して、ココだけ推薦ではいれただけだし」

「遊ぶとこがなさすぎ、この国……」

「勉強すきじゃねぇし……」

まぁ、出てくるでてくる……

いいわけ満載

グチ満載

なるほどなぁ……。

『ここに来るまでのプロセスがこれじゃぁなぁ……』

私は、暗澹とした気分になりました。

こんな光景やブーイングをいやというほど見てきた結果、

【ケアリングカフェ@ニュージーランド】の留学サポートプログラムにおける

<チーム・ファーストペンギン>の理念には、この一文が付け加えられました。

どうかどうか、

『親の勝手で、親の見栄で、お子さんを留学させないでください……』

と……。

この理念は、「私たちの決意」であり「みなさまへのお願い」でもあります。

詳細に興味のある方は、ぜひこちらをご参照ください。

(↓チーム・ファーストペンギンについての詳細はこちら)

チーム・ファーストペンギン

【3大口癖の根底にあるのは、無○○・無○○・無○○】

日々、生徒たちの悩みや要望、クレームを聞くのが仕事である私にとって、こうしたブーイングを発する日本人生徒への対応は大変骨の折れる作業です。

なぜなら、他の外国の生徒の悩みや意見が「能動的ではっきりしている」のに比べ、

日本人生徒のそれは「受動的、否定的」。

自らが何かに疑問を抱いてそれを解こう、とか

困ったことを何とか自力で解決しよう!とか、

本来は持っているであろう

建設的意見をなかなか引き出すことが難しい

自分からアクションを試みることは稀。

グチや非難の言葉は出るものの、

「ならば、どうしたいのさ?」……の問いに答えるわけでもない。

「めんどくせぇ」=は、無気力、根気欠如の表れ。
「だりぃ」=は、無関心、達成感の体感欠如の表れ。
「うざい」=は、無感動、協和を楽しみ喜ぶ体験の欠如の表れ。

こうした「ブーイング現象」は、昨日今日でできあがったものではありますまい。

これらの課題を、もっと以前(幼児期に遡ります)から、日常的に解決しようという環境があれば、きっとこのような情けない状況は回避できたのに……と、悔しい思いに浸ることしきりです。

【3大口癖を回避するコツ】

そこで、みなさん「Let’s do this」です♪

◆ お子さんの進路(夢)を見つめる際には、出しゃばりすぎぬようご用心

親の願いとお子さんの意志は別ものです。
お子さんから、自己選択、自己責任を担うチャンス、を奪わないようにしましょうね。

「自分で自分のことは決めてね。実行してね。」

と、常に、洗脳する……違った……メッセージを送る環境づくりを意識しましょう

(ブーイング族の大概の親御さんは、せっせとお子さんのため?に志望校探しまで代行されています。汗)

◆ お子さんに、「不自由」をたくさん経験させましょう

不自由を克服することで「達成感」を体感することができるからです。

(残念ながら多くのブーイング族は、

「不自由の中で工夫する」ってな場数をあまり踏んでおられないようですよ)

◆ 感動や喜怒哀楽すべての感情を表現できる家庭づくり、を意識しましょう

そして互いに、「○○してもらう側=テイカー」ではなく、「○○する側=ギバー」になる経験の場を作りましょう。(
(多くのブーイング族は、「してもらうこと」重視で今日まで生きてきちゃった模様)

+……………………………………+

おっと♪

おとうさん、おかあさんも、ここで考えてみましょう

◆ あなたは、「テイカー」?

(=相手から○○してもらう。受け取る。奪う)に、甘んじてはいませんか?

◆ あなたは、「ギバー」?

(=相手に惜しみなく○○して与える。さし上げる。シェアする)であることに喜びを感じていますか?

節度あるオトナでいるよう心がけましょう

ちなみに、節度あるオトナは、

◆ 「マッチャー」と言います

(=ギバーとテイカーを程よくマッチさせた節度ある人)

みなさん、マッチャーを目指しましょう!

人生、酸いも甘いも、最後は自分に返ってきますからね★

スポンサーリンク
スポンサーリンク

いいね!と思ったらポチっとクリック♪

↓↓あなたからのメッセージが励みになります♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク