夫婦の呼び名から見える夫婦愛と結婚観

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ちょっとそこのぉ~子どもと再婚したお母さん!?】

久しぶりに日本に帰国して、
「あ~、ここは日本だなぁ」って思う時、
いろいろありますが、

なかでも、
スーパーマーケットやフードモールで目にする子連れの家族の会話で、

「おとうさん、○○とって?!」

「おかあさん、今日のごはんはなに?」

っていう言葉に、

ん?

って違和感、感じます。

で、

『あ~、日本だなあ・・…』

って。

だって、これ、

文字にしてみたらば、
子どもが親に向かって言ってる言葉だと思いますよね?

でも、これ、
夫婦の会話。

夫と妻が、です。

お互いに、

子どもの前で

「おとうさん」

「おかあさん」……って……

日本語であるだけ、まだまし?

「パパ、ママ……」って……。

思うに、

たいがい、そういうご家庭って、
夫婦の間にベイビーが誕生したその瞬間から、
そうなっちゃったんじゃないかと思われます。

ベイビーに向かって、

「お父さんでちゅよ♪」

「ママでちゅよ♪」

ってなノリで。

呼び名なんてどうでもいいじゃん?

っていう方、
あなたも、「パパ、ママ」派ですか?(笑)

■ 子どもはエンジェル?……は神話

さぁ。

そんなあなた方に、
あのころを振り返っていただきましょう。

心当たりありませんか?
こんなドラマ。

「われらに天使が舞い降りた!」

と喜んだのもつかの間、

が、その実、

天使の正体は、
理屈の通らぬ

「すべて“泣き”でコトをすませようとするモンスター」

……と思い知るには、そう時間はかかりません。

こうなると、もうたいへん!

夫婦は、

「モンスター」を手なずけるための同志となり、戦友となります。

いえいえ。

「戦友」のうちはまだマシ。

日がたつにつれ、そうした「同志」にも、

徐々にズレが生じてきちゃいます。

なんてったって、毎日が、

子どものため、
子どもの目線で、

子どもの心の寄り添って……
子どもがいるから○○できない

子どもがいるから△▽しちゃいけない。

で回っていきますから。

もう、あんなに愛し合った夫婦の
「甘い時間」はどこへやら、

妻にとって、夫は二の次、

夫にとっても、

「あんなにかわいく僕にしなだれ、つくしてくれた妻は、
今、強い母に変身した……」

と、仮面をとった妻に唖然。

で、

いよいよ、

子育てって大変! ていう感が増すと、

妻は、それまで見せたことのなかったヒステリーな姿をあらわにし、

夫は、仕事が……と抜け道を用意するようになる……。

妻は、夫に、「私ばっかり!」「少しは手伝ってよ!」

と、不満と不公平さに義憤

夫は、「だってだって……」

と、仕事をたてに防御します。

■ 「あなた」……から、「お父さん」「おかあさん」へ

で、

はっ、と気がつけば、
お互いを、

「おとうさん」

「おかあさん」

と呼び合っている……。

かくして、

「子ども中心に世界が回っているおうち」
のできあがり!

というわけです。

■ 亭主元気で留守がいい! 母が子を王様にするその時……

保育園に勤めていたころにも、

ん? って思うことありました。

「うちの子、野菜、食べてくれないんですぅ」

「この子、夜、なかなか寝てくれないんですぅ」

「○○ちゃん、今日は何が食べたい?」

「今日は、お父さん、ザンギョーで帰りが遅いから、

どっか、おいしいもの食べに行こうか?」

「先生、子どもとの外食で、おすすめのお店、ありますぅー?」

私:「…………」

う~む。

なにが引っかかるって、この

「子どもが、○○してくれない」

っていう表現がどうも……。

子ども相手に、

「……してくれない」って、ねぇ‥…。

無意識にそういってらっしゃるお母さん方、

子どもにおつかえするメイドさんになっちゃってませんか?

新婚当初は、

愛する夫と食べるごはん、

会話、
夜の時間、

などをいつくしんであられたでしょうに……。

あぁ。

私のしあわせ=夫との結婚生活!

だったはずが……、

気がつけば、

妻のしあわせ<母のしあわせ

母のしあわせ<親子の関係ありき!

に、すり替えられてしまいました。

「夫婦のしあわせはどこへ行った~!!?」

ですから、

そういうお母さんに、私は言ったものです。

「おーい。
ちょっとそこの子どもと再婚した新婚さん!」

って。(笑)

いかがですか?

あなたは、

「パパ、ママ」派?
「お父さん、お母さん」派?

それとも、今でも
「お互いを名前で呼ぶ」派?

異論、ご意見、うけたまわります♪

では、最後に問題です!

お母さんが子どものメイドとなってしまうと、
その先何が待っているでしょう?

つづきは、次回に♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

いいね!と思ったらポチっとクリック♪

↓↓あなたからのメッセージが励みになります♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク