知ってました? ニュージーランドには5種類の「キウイ」があるんですよ★

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【キウイは、ニュージーランドのアイコンです♪】

みなさん「キウイ」と聞いて、まずは何を思いうかべますか?

10人中10人の方が、おそらく「あのキウイ」を思いうかべられることでしょう。

でもですね。

この「キウイ」という言葉。

ニュージーランドにいらっしゃると、あちこちからあらゆる場面で耳にすることとなります。

本日は、今後のみなさまの予備知識となりますよう、「キウイ」についてざっと列挙しておきましょう★

■ ニュージーランドの「キウイ」には、5つの顔がある?

「キウイ」 その1. とり

<国鳥 キウイ>

◆ニュージーランドには、「キウイ(Kiwi)」という鳥がいます。

茶色くてコロッとしていて、亀の子だわしにくちばしがついたようなかわいい鳥です。

この「キウイ」はニュージーランドの国鳥。

この国にしか生息していない固有種として、

また、ニュージーランドのシンボルとして、人々に愛されています。

さて、この「キウイ」。

鳥なんですけど……

……飛べません。

正確に言いますと、

羽……の名残はあるんです。

一見ハリネズミのような丸っこい体を包む羽毛をかき分けると、脇のあたりにツバサというにはおこがましい、三角形のちっちゃな骨がちょこんとついています。

彼らの羽、退化しちゃったんですよね……。

なぜなら。

その昔のニュージーランド。

こうもりとオットセイ以外の哺乳類が存在しない島国でした。

つまり、天敵のヘビがいなかったんです!

だから、

=飛んで逃げる必要がない

だから、

=羽いらん……

というわけで、

じわじわと羽が退化し今にいたります。

彼らは夜行性。

夜の方が安心なんでしょうね。

夜になると森の中を歩き回り、

長いくちばしでツンツンと地面をつついて虫を食べています。

◆ところが、この国鳥キウイ。

近年、絶滅危惧種として保護の対象とされていて、

国を挙げて

「キウイを森に! 野生にかえそうプロジェクト!」

なんてのが行われています。

というのも、

その昔、

ニュージーランドには、キウイ以外にも、たくさん「飛べない鳥」がいたのですが、先住民のマオリ人はじめ、ヨーロッパ人の入植による狩猟や森の開拓、外部からの天敵となる哺乳類持ち込みなどによって生態が激減。

多くの鳥たちを絶滅に追い込んでしまいました。

そんな歴史を鑑み……。

「おい! やばいぞ!

このままではわれらの国鳥キウイも絶滅しまうぞ!?! われらの国鳥を絶熱させてはならじ!」

と、全国各地で保護運動が行われているわけです。

そんなこんなで、

だいじに大事にされておりますこの国鳥キウイ。

野生のキウイにお目にかかるのは難しいですが、

こちら南島のクライストチャーチのウィローバンク野生動物公園で会うことができます。

ニュージーランドにお越しの際は、ぜひ、こちら南島においでください。

野生動物公園というだけあってガラス越しにのぞくのではなく、

フェンスの向うに話されている「プチ野生」のキウイにお目に書かれます。

「キウイ」 その2. フルーツ

<キウイ・フルーツ>

◆何と言っても

みなさんになじみのあるのは、コレ。「キウイ・フルーツ」ですね。

あ。

ちなみに、

国鳥のキウイ vs. フルーツのキウイ

命名はどっちが先だと思います?

知名度でいうと断然「キウイフルーツ」の方に軍配が上がりますが……。

答えは……

「国鳥」の方が先。

キウイのオスの鳴き声が「キィー!キィー!」って聞こえるってんで

先住民マオリ族が、「キ・ウ・イ」と名付けたそうで。

一方、フルーツのキウイは、もともとは中国が原産地。

それがニュージーランドの大自然にわたり、

ニュージーランドの人々の手によって、

すばらしい品種に改良され、今や、「ニュージーランドのシンボルフルーツ!」

で、

見た目が茶色くコロっとしてるとこが鳥の「キウイ」に似てるってんで、「キウイフルーツ」と命名されました。

さすが、農業先進国、ニュージーランド。

えらいなぁ★

「キウイ」 その3. ひと

<キウイ>

◆ずばり。

ニュージーランド人のことを「キウイ」と呼びます。

この国は移民の国なので、世界中のあちこちあら人が集まっています。

で、こんな会話がよくなされます。

「あの人はどこからの人?」

「あぁ、彼はキウイ(Kiwi)だよ」

ってな風に。

ちなみに、キウイと並んで「オージー」という場合、おとなりの国「オーストラリア人」を指します。

「キウイ」 その4. ことば

<キウイ・イングリッシュ>

なんとも農業国っぽい(?)ニュージーランドなまりの英語! のことを指します★

私たち日本人が学校で習う英語は、「アメリカンイングリッシュ」

それとは対照的に、イギリスで話される英語は「ブリティッシュイングリッシュ」

(上記の二つ。微妙にスペルや発音が違います:ご注意ください)

で、ニュージーランドは? というと、

その昔イギリスの植民地だったため「イギリス英語」です。

(ですので、留学する際の英語テストもイギリス英語ですー要注意)

そのイギリス英語に、

「ニュージーランド(キウイ)なまり」

が加わって、

「キウイ・イングリッシュ」

と相成ります。

えぇ。

か~なり、なまってます。(苦笑)

おまけに、

先住民マオリ族の人の英語はマオリなまりがあったりして、

TVコマーシャルなどでは、愛嬌たっぷりになまりが使われております。

数年前、二女がアメリカに留学した際、

たった一年の滞在であったにもかかわらず、

ニュージーランドに戻ってきたらば、バッチリ「アメリカ英語」に染まっていました。

彼女の姉(長女)や、友人から、

「やっだぁ~! あなたの英語、アメリカ人みたいになまってるよ~」

と冷やかされてましたけど……。

いやいや、キミたちの英語もなまってるってば。(笑)

人生いろいろ、英語いろいろ(笑)

「キウイ」 その5・ 夫

<キウイ・ハズバンド>

これ↑私のイチオシ「キウイ」です★

子育て、家事を自然体でこなす夫を指します。

えぇ。

この「自然体で」ってのがミソです。

「これ見よがしにがんばるパパ」とか?

「ほめて、ほめてオーラ全開夫」とか?

「どや顔イクメン」とか?

そういうんじゃないんですよ、

「自然体」で、育児&家事します。

抱っこして、

ベビーカー引いてお買い物。

自転車でサイクリング。

もちろん、お母さん抜きで。

パーティー開催では、

エプロンしてキッチン立ってます。

お客さんに、自然体で、あたりまえのごとく、率先してコーヒー淹れてくれます ❤♡

そういえば。

国鳥キウイも、タマゴを孵化させる際、

オスが2か月半かけて卵を温めるそうな。

おぉ!

人だけでなく、動物生きものまでも「キウイ・ハズバンド」?

何事も、「自然体」でできるってすてきだなぁ……★

スポンサーリンク
スポンサーリンク

いいね!と思ったらポチっとクリック♪

↓↓あなたからのメッセージが励みになります♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク