お父さんとお母さんの不登校解決相談室

耳を澄まして、子どもの声をよ~く聞いてみましょう!

あなたのお子さんは、今、心の中でこう叫んでいます!

★ お父さんお母さん(あなたご自身)こそが、ボクの(私の)

一番の味方であり、一番のカウンセラーでいてほしい!

だから、ボク(私)を、あちこちの相談所やクリニックに連れまわさないで!

★ 不登校であっても、

居場所がほしい!

だから、このつらい暗闇から連れ出して!

★ お父さん、お母さん(あなたご自身)が

しあわせでいてほしい!

だから、ボク(私)のせいで、そんな悲しい顔をしないで……!

と……。

<そこで!>

★ 自分の課題を自分の力で解決したい !  と本気で思っているあなた!

「セルフカウンセリング」で、

新しい自分に生まれ変わりません、か?

★ 大切なわが子を自分の力で守りたい! と本気で思っているあなた!

お子さんにとって、あなたご自身が

「ベストカウンセラー」になりませんか?!

 あなたご自身が人生を変えたい!と本気で思っているあなた!

年齢・性別問わず、世界に通用する、超かんたんで楽しい

「不登校解決法」が、ココにあります!

あなたは今、このような悩みを抱えていませんか?

■ 子どもが不登校になってしまった……

☑ わが子の将来を考えると、お先真っ暗……途方に暮れている

  朝、登校時間になると、胃がキリキリと痛み、涙が出てくる

☑ 登校時間になっても起きてこない子どもに、怒りを覚え、ののしってしまう

☑ 仕事が手につかない……子どものためにも仕事をやめるべきか悩んでいる

☑ 子どもが学校へ行かなくなってから、私(親)まで引きこもりがちになった

☑ 子どもが「死にたい」と言う時……いっそ一緒に死んでしまおうかと思うことがある

☑ 子どもの暴力が日に日に激しくなり家の壁は穴だらけ。先日ろっ骨を折られてしまった

☑ 夫(妻)との言い争いが増え、めっきり会話が減った……夫(妻)の帰りが遅くなった

☑ 子どもがかわいいと思えない……

■ 「この子さえいなければ……」

 と自分の心の奥でデーモンの声が聞こえる!

【ケアリングカフェ@ニュージーランド】では、

このようなことを日々感じている

不登校・ひきこもりのお子さんを持つご両親、ご家族の方を対象に

あられ美幸によるオンライン個別セッション

<お父さんお母さんのための不登校解決相談室>

のサービスを行っています

★びびっと、関心のアンテナに触れたらば、ぜひ、ご一報ください★

■ あられ美幸が、今、あなたに伝えたいこと……

あらためまして。

みなさん、こんにちは★ あられ美幸です★

さて。
このたび、ここで、あなたとこうしてめぐり合いました。

「わが子の不登校― 親として、どう向き合ったらいいのか……」
そんな思いであなたはここを訪ねてくださったことでしょう。

私も、そのようなお悩みをかかえていらっしゃる方々にぜひぜひ【ケアリングカフェ@ニュージーランド】においでください! という願いを込めて、このサイトを立ち上げました。

なぜなら、
まずは、ご両親であるあなたがたに、心を整え、正しい情報を手に入れ、有効な学びをすることで、たのしい子育てのスキルを手に入れていただきたい!

……そうすれば、お子さんの不登校やその他の課題は全て、あなたの力で解決される!

と確信しているからです!


しかしです!

ここで、ちょっと みなさんに質問させてください。

■ お子さんの不登校の問題を解決する……それだけで、あなたの、悩みは解消するでしょうか?

お子さんが元気に学校に行き始めた……もしくは、ニュージーランドに留学したいと言い出した!

……それで全てオーライ!問題解決!と言えるでしょうか?

私はよく、不登校のお子さんを持つお父さんお母さんに、こう質問します。

「今、あなたの一番のお悩みはなんですか?」と。

すると、ほとんどの皆さんはこうおっしゃいます。

「子どもが学校に行っていないことです」― と。

これ、本当でしょうか?

では、質問の言い方を変えてみます。

「お子さんが学校に戻ったら、あなたのお悩みはなくなりますか?しあわせですか?」と。

するとみなさん……「……う~ん……とりあえずは……」

とおっしゃいます。

しかし、しばらくすると……

「あ、でもでも!」

と言いながら、まぁ、出てくる、でてくる!

「夫が……妻が……仕事が……からだが……お金が……気分が……老後が……」

そうなんです。

「わが子が不登校」……これは、みなさんが抱えている多くの悩みの、ほんのひとつにすぎません。

みなさんのこころの奥の奥(潜在意識)には、実は、(自分では気が付いていない、もしくは気が付きたくない)もっともっと大切で大きなテーマである欲求と悩みが潜んでいます。

ひとって、自分の見たくないものにはふたをする、見ないようにするという悪いクセがあるんですよね。

それでいて「見た目」を大事にするというやっかいなプライドを持つめんどくさい生きものなんですよね。

夫婦のことや、嫁×姑のこと、仕事や自分のメンタルに関することはなるべく見せないように、自分でも見ないようにこっそり、ひそひそと悩んでたところに、「子どもの不登校」が、どっかーん!!!

― 学校、ご近所、実家、親戚、つまり、地域社会全域に、あなたの「見せたくないもの」が露呈されてしまって、

「今一番のお悩み……どっかーん!」

が、あなたの身に降りかかっている……そういう状態なわけです。

さぁ。 みなさん。

ここで、あらためて、もう一度、お聞きします。

Q: 今現在、あなたのお悩みは、「わが子の不登校」とおっしゃいました。

ー ならば、わが子が学校に戻りさえすれば、悩みはなくなりますか?

ー わが子が不登校でなくなれば、子どももあなたもしあわせな人生が送れますか?

■「わが子の不登校」……必ず、時が経てば、その言葉は使われなくなります。

なぜなら、お子さんが中学を卒業した時点で、お子さんは不登校児ではなくなるからです

ー ならば、その時(義務教育が終わる15歳~長くて18歳))を待てば、今かかえている問題はすべて解消されますか?

ー その時を待てば、お子さんに幸せな毎日がよみがえってきますか?

ー その時を待てば、あなたのしあわせはあたりまえにやってきますか?

■  日々、子育てに、真摯に向き合い悩んでおられるあなたなら、ここでもうお分かりでしょう。

「不登校だから困った」 ⇔ 「不登校じゃないからだいじょうぶ」

という考え方は、おろかです。

「うちの子は不登校だから、私は親失格」 ⇔ 「子どもが学校に行ってるなら、万事OK」

という考え方は、もっと、おろかです(笑)

「お子さんが不登校」 という事実と、

「お子さんのしあわせ」 は決してシンクロしているものではありません。

ましてや、

「お子さんの不登校」と、「あなたのしあわせ」が、同化するなんてもってのほか。

私たち親は、つい目先もことにとらわれて、そこにエネルギー(意志力ともいいます) を使ってしまいます。

今で言うなら、あなたの場合、「わが子の不登校」にです。

「なんとか、わが子の不登校を解消したい。学校に行けるようになってほしい」

と、親たちは、そこに意志力を全部注ぎます。

「たかが不登校、されど不登校」(笑)

……まるで、そこに、親と子のしあわせのカギがあるかの如く、躍起になって……。

■ でも、違いますよね?

私たちが、子どもを思って、本当に願うべきは、

「わが子が学校に戻ること」ではありません。

不登校児でなくなることではありません。


親が本当に願うべきこと ー それは、

「わが子が、生き生きと、自分の力で自分の人生を楽しむこと」

そうなるよう支援することが、私たち親の使命です。

では、その願いを叶え、使命を果たすために必要なことは何でしょう? ー それは

誰よりも、まずは!

「あなたご自身が人生を楽しむことです!」

「私も、自分の人生を、自分らしく生きていきたい!」

「親である前に、女(男)として、ひとりの人間として人生を楽しみたい!」

「子どものしあわせ……もちろん願っているが、

何よりまずは妻(夫)と二人、ラブラブ人生をいつまでも味わっていたい!」

あなたは、心の奥の奥で、そう思っているはずです!

そして、あなたが、その願いを自分の力で叶えた暁には、

「子どもが、あなたの姿を見て学び、しあわせを感じる!」

という ごほうび が、もれなくついてきます。

― しかるに ―

子どものため ーと言わず、不登校解決のため ーとも言わず、

あなたご自身のため

「子どものしあわせ」 「私のしあわせ」 「夫婦のしあわせ」

「親子のしあわせ」「家族のしあわせ」……

みなさん流のしあわせ実現するため、

「子育て心理学」を学び、不登校解決に向けて一緒に考え、アクションしていきませんか?

あられ美幸は、そんな思いを伝えたくて、

【ケアリングカフェ@ ニュージーランド】をつくりました♪

どうか、よろしくおつきあいのほどを ♪

あられ美幸の個別セッションの特徴

■ セッションの内容とゴール

<内容>

★ お子さんの「不登校やひきこもり」状態を、問題としてとらえ、

学校に復学することを第一の目的として躍起になるのではなく、

① <現状の客観的把握とメタ認知の強化>

一番近くでお子さんを理解しているご両親のお話から、お子さんの発達段階を知り、現在のお子さんにとってメンタル面において一番必要なケアは何か、を探り解決に導きます。

② <解決志向の実践にトライ>

お子さんのボトルネック(一番解決すべき課題)を明確にし、現在のお子さんにとって

最良の生活支援とサポートは何か、を探り解決に導きます。

③ <セルフカウンセリング手法の修得>

①&②をクリアするにあたり、親であるあなたご自身の課題や必要としているケアは何か、を探り解決に導きます。

④ <ベストカウンセラーになる方法を修得>

親であるあなたご自身が、お子さんにとって一番のよき理解者であり、カウンセラーとなることができるよう「解決志向~ケアリング心理学」のスキルを身につけるためのコーチングをいたします。

※ 将来 お子さんのための【不登校留学プログラム】【親子プチ留学】を検討したい という方には、随時、役に立つ情報を提供いたします★

<ゴール>

① お父さん、お母さんが、セルフカウンセリングの手法を手に入れ、

自らの力で問題を解決する力を手に入れる!

② ご家庭でのお父さんお母さんのあたたかい愛とサポートにより、

お子さんのそれまでくすぶっていたくらしと心から、

お子さんの 真の力と可能性が引き出され!

お子さんは、新しい自分を発見!

不登校の問題が解決するだけでなく、

チャレンジ精神全開で新しい生活に羽ばたくことができる♪

③ お父さん、お母さんがストレスなく子育てを楽しみ、

家族全員が、人生を自分らしい人生に変えることができる!

■ 基礎となるのは、解決志向セラピー&ケアリング

あられ美幸はこれまで、保育士として、また子育て心理アドバイザーとして、保育、教育、福祉の分野において様々なカタチで療育に携わってきました。

その礎となっているのは、発達心理学と「ケアリング」 ※

(※ ケアリングとは、机上の論や傾聴に留まることなく、精神論に傾倒することなく、実際にクライエントのニーズに応じた<手当て>を行うこと)

発達心理学にさまざまなブリーフセラピーを融合し「ケアリングの実践」駆使することで、

およそ1000人以上の方々の療育に携わり、フリースクール主宰、自立支援施設立ち上げなどで、300人以上の不登校のお子さんの「人生を変える」お手伝いをしてきました。

ブリーフセラピーは、従来の心理学療法に比べて、格段に、

「即、問題解決につながり」「わかりやすく」「無理なく」「短期間で」

不安や悩み、抱えている課題を解決できるセラピーです。

しかも!
それらの解決法が、

専門家の力でなく、誰かのおかげ……でもなく、

「ご自身の力で自らの課題を解決に導く!」

というびっくりな方法であることが特徴です。

そこに、あられ美幸がこれまでさまざまな福祉、教育の分野で実践し「ケアリング」を融合することで、約90%の課題は解明

されてきました。

 自分が今、しあわせだと感じられない

 わが子だけでなく、自分自身の生き方、将来が不安でたまらない

☑ 何をどう努力すれば「いい人生を送っている」と実感できるのかわからない

 周囲が気になり、何をしていても自信が持てない

 子育てがおっくうで、そんな自分はだめだめだと思っている

  日ごろ、漠然とそんなモヤモヤを抱えていて、おまけに、

 子どもが不登校になってしまった

 情報が多すぎて、何が正しいのかわからない

 カウンセリングに通っているけれどいまいち行動や変化につながる結果が得られない

★ そんなお悩みを抱えている方、

<オンラインでお茶会しましょ ♪>

そんなノリで、ぜひ、あられ美幸の個別セッションにおいでください。

不登校解決はもちろんのこと、

あなたご自身がストレスフリーの子育てを楽しみ

お子さんにとって最高のカウンセラーになることを見めざしましょう!

不登校解決相談室ってどんなところ?

■ To Whom? (対象の方)

ー 不登校のお子さんをお持ちのご両親、ご家族

ー 子育て、夫婦関係、こころや暮らしの課題を自分の力で解決したい! 

と思っている方。

を対象にしています。

■ What? (相談した結果、何が得られる?)

★ 現在、不登校であるお子さんの課題の解決とニーズを最優先するサポートスキルを得ることができます

★ お子さんの不登校や子育てに関することだけでなく、パートナーシップ・夫婦・家族・自立・メンタル強化などあなたご自身のメンタルや物事の考え方、ストレスフリーのくらし方などに視点を置く、即、あなたの人生に役立つ方法を知ることができます

★  人生に疲れた、自信がない、やる気がない、とお悩みの方には、自分でトライできる認知行動療法のワークなども学んでいただけます。

<結果>

★ お父さん、お母さんの力で、お子さんの不登校問題を解決することができます!

★ お父さん、お母さんは、ストレスなく子育てを楽しみ、

お子さんは、自己肯定感をもって自分らしい人生を楽しむことができるようになります!

■ When/Where/How? (いつ?どこで?どのように?)

★ オンライン / Skype or LINE を使った個別セッションというカタチで相談を受け付けます。

★ あなたが、何県に住んでいても、海外に住んでいても、旅行中でも、朝でも夜でも、出かける準備をしなくても、予約をしていただいた時間にセッションを受けていただけます

■ Why? (なぜ?)

★ 「学校に行けない」……ただそれだけの理由で、あなたのお子さんが罪悪感に包まれながら苦しい思いをしているなんて……そんなバカな!

★ 「学校に行けない」……それだけのことで、子どもを「問題児」扱いするのは、

子どもの成長の芽を摘んでしまっているのと同じこと!

よし!

子どもを問題児扱いしている社会から、

子どもたちを解放するお手伝いがしたい!

子どもだけでなく、ご両親、ご家族の人生を

ワクワク楽しいものするお手伝いをしよう!

あられ美幸のそんな思いから、このプログラムが生まれました。

あられ美幸の個別セッションの扉を開けると……

■ 扉の向こうでは、こんなことが待っています♪

 子どもの心や行動を理解することができるようになった

☑ 子どもと笑顔で会話ができるようになった

☑ 子どもが、「○○したい」というようになった

  子どもに、お仕事頑張ってね、と言ってもらえるようになった

☑ 夫に(妻に)、自分の気持ちを伝えられるようになった

☑ 恥ずかしくて言えなかったような悩みを、友達に相談できるようになった

☑ 「私はわたしだ!」と、体裁を気にせず、自然体でいられるようになった

☑ 他人やよその子どもを、ほめることができるようになった

☑ 長所や短所、全部含めて「わたしが好き」、と思えるようになった

☑ 子どものどんな行動も冷静に見守ることができるようになった

☑ 学校や教師にも力の限界があるのだ、と思えるようになった

☑ 他人の目を気にせず、自分は自分、と自信をもつことができるようになった。

 誰かと比べて落ち込んだり、自分を責めたりすることがなくなった

<そして、もう一つ! すてきなごほうびが待っています!>

それは……お子さんから、

「お母さんの(お父さんの)子どもでよかった……」

と言ってもらえること

「この言葉で、これまでの苦労はすべてチャラ!になりました!」

「私こそ、わが子に、ありがとうの気持ちでいっぱいです!」

これまで、そうした喜びの声をたくさん聴いてきました★

さぁ! 次はあなたの番です♪

家族みんなで、冒険を楽しみましょう!

不登校解決相談/子育て相談 のお申込み方法

★【不登校解決/子育て相談】に申し込む方法<入口>は、2つあります。

■ お申込み方法 1 <メールでのお問い合わせ>

★ お問い合わせフォームから、直接あられ美幸までご連絡ください。(無料)

メールにてご質問の回答や、お申し込みの受け付けをいたします。

★ お名前(ニックネームOK♪)・メールアドレスをご記入ください

■ お申込み方法 2
<無料お試しセッション>においでください。

【ケアリングカフェ@ニュージーランド】では、

みなさまに、安心して各種プログラムへのお申し込みを検討していただくため、
また、あられ美幸とあなたとの信頼関係を構築する第一歩とするため、Skype/Lineを使って、無料お試しセッション(60分)を行っています。

★ この<無料お試しセッション>にて、

あなたの(あなたのお子さんの)お悩みや現状、ご希望をうかがい、

そのうえで

・ あなたのお悩みのボトルネック(一番に解決すべき肝心な課題)を解明し

・ その解決策の方向性を一緒にさぐり、

・ 【ケアリングカフェ@ニュージーランド】でお手伝いすることがあるか否か、

・ あるとすれば、それはどんな形か(どのプログラムがおススメか

などについて、お話をしたいと考えております。

<注> この無料お試しセッションは、【ケアリングカフェ@ニュージーランド】のサービスを申し込むにあたってのあなたの疑問や不安を解消することを第一目的としております。

ここではまだ、あなたのお悩みをすべて解決する場ではないことを予めご了承ください。

なお、無理な勧誘はいたしませんのでご安心ください。

いずれにしましても、あなたにとって有意義な時間となるよう精一杯努めさせていただきます。

無料お試しセッションはこのような流れで行ないます

1. まずは、下記のボタンをクリックし、
<予約カレンダー>から無料お試しセッションを選択の上、必要事項を記入し送信ボタンを押してください

★ お名前(ニックネームOK♪)・メールアドレスは必ずご記入ください

2. 申し込みをしていただいた当日、もしくは翌日(最長48時間以内)に
あられ美幸からあなたに 「無料お試しセッション日時」「(あなたが選んだ)通信手段」について最終決定のご案内をし、アポイントを設定させていただきます

3. 無料お試しセッションの実施 (60分)

★ お約束の日時になりましたら、LINEまたはスカイプ(あなたが選んだ手段)にてあられ美幸の方からコールいたします。

※(なんのご連絡もなく15分を過ぎましても応答されない場合は、キャンセルとさせていただきます。なお、その場合は、特別な事情のない限り再度のお申し込みができなくなりますのでご注意ください)

4. 無料お試しセッション終了後、

★ 本プログラムにお申し込みされる方に限り、申し込み手続きの説明をさせていただきます。

また、

★ 「ひきつづき、あられ美幸の個別セッションをうけたい!」と思われた方のみ

次回の「有料個別セッション(90分)」の予約をしていただきます。

有料個別セッションの詳細 費用 および 申し込みについては こちらをクリック♪

それでは、

① 下記のお問い合わせフォームからあられ美幸に直接ご連絡をくださるか、

② <無料お試しセッション申し込みフォーム>に必要事項を記入し、送信ボタンを押してください★

★ お名前(ニックネームOK♪)・メールアドレスを必ずご記入ください

みなさまにお会いできる日を、こころより楽しみにお待ちしています♪

扉を開けた方からこのような声をいただいています
<自分の人生をとり戻した方の声をご紹介♪>

■ 息子の家庭内暴力がぴたっと止まり夫婦の会話が戻った!>
~ 不登校 Yくんの母 M子さん~

小学4年生の時から学校に行かなくなった息子。
父親が暴力でもってしつけをしていたため、
気がつけば、息子もまた私への暴力でストレスを解消する癖がついてしまいました。
夫とは、もうずいぶん前から、冷めた関係が続いていました。

何をしてもうまくいかず、四面楚歌状態。もう私の居場所はどこにもない…。
絶望していた時、あられさんのことを新聞で知り、メールをし、ヘルプを求めました。

(実は、あられさんのことは、児童相談所で紹介されていましたが、その時は、児童相談所を私は全く信用していませんでしたのでスルーしていました)

緊張と不安で、ドキドキしながらSkypeをつなげたあの日、あの時、
私は自分でも驚くほど、これまで心にためていたうっぷんや怒り、とまどいや悲しみ、絶望感などが、一気にあふれ出し、ノンストップでそれらを吐き出しました。

よくもまぁ、あんなにも、恨みつらみが、
(何に対してかわからないほどに当時の私は混乱していました)
でてきたものだと、今となっては感慨深い思い出ですが……。

そんな私の話をひととおり聞いてくださったあられさんは、
ふむふむと、うなずいた(と思われる)のち、私に一息つくよううながすためか、とても簡単な質問をいくつかしてくださいました。

それらの質問は、とてもシンプルで、むずかしいものではありませんでした。
しかし、シンプルゆえに、よく自分に問いかけないと自分の心の内が見えてこないようなものでした。答えるまでに少し時間がかかりました。

しかし、質問にこたえていくうちに、少しずつ、自分の心と頭の整理ができていくような感じ、とでもいうのでしょうか、一時間も過ぎると、

「今まで、私は、何に悩んでいたんだろう?」
「自分は、どうしたいのだろう?」
「あ、これから○○してみよう。△▽もいいな」

と、息子の相談をしたはずなのに、自分を見つめていたのでした。

一回めの面接では、結局息子の問題を解決するにはいたりませんでした。
しかし、私の心は、さーっと霧が晴れたようにすっきり!
その日の夕食を。鼻歌を歌いながら作ったのを今でも、はっきり覚えています。

そして、驚くことに、その日の夕食時。
息子が、「この肉じゃが、うまっ……」とぼそり。
これまで、そんなこと言ったことのない息子が、私の料理をほめてくれたのです!

面接のたびに、あられさんは、宿題をだして
「では、また次回。お会いできる日が楽しみだなぁ……ニヒヒ」
と、笑う、おちゃめなおばちゃんになるのでした。

面接3回目。
奇跡 (私にとっては、これは奇跡です!)が起きます。
私が、Skypeをしていると、急に息子が、部屋から出てきて、隣に座ったのです。
私はびっくり!

絶句している私の隣で、
「この人だれ?」と、パソコンをのぞく息子

そのあとのことは、実は私はよく思い出せないのですが、
とにかく、この日をきっかけに、あられさんは、私と息子の、共通のおともだち、
として、交流してくださることとなります。

それからというもの、
わたしのこころは、つきものが取れたように軽くなりました。
そして、息子にも、大きな変化が起きました。

私に暴力を振るわなくなったのです。
それどころか、夫が、私に威圧的な態度をとると、私をかばって、夫に
「かあちゃんは、わるくない!」と言ってくれたのです。
あられさんとの会話は、息子にも居心地がいいようです。

「うん」
「まぁね」
「……そんな感じかな」
「う~ん、ちょっと違うな」
「それはどうかな~」
「わかった」
「いいよ」

などなど、簡単な返事しかしない息子ですが、顔は、明らかに笑顔になっていくのでした。

当時、10歳だった息子は、今、もう、高校生1年生です。
あられさんと出会って4か月後、学校に戻り、今に至ります
現在、大きなカラダを生かし、「すもう」に夢中です。

絶望感につぶされそうになって、息子の相談をした私は、今、弁当屋を営んでいます。

息子の不登校を相談をする目的であられさんに会い、あられさんからの質問にこたえていた私ですが、行きついた私の目標は、「夫からの自立」でした。

夫から自立したことで、

夫とも、対応に、お互いが敬意をもって見つめあう関係ができた気がします。

不登校は、だれの責任でもない。
しかし、不登校の解決のカギは、私たち親の心の中にある……
「肉じゃが」を作るたびに、私はいつもそう思います。

あぁ、あられさんに言われていた通りになったなぁ、と思います。
子どもの力を信じ、自分の力を信じ、過去にこだわらず、「普通と違う子ども」というレッテルを張らなければ、子どもはみんなすばらしい。

今は心からそう思えます。

みなさまにとって、私の体験談が何らかのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

いいね!と思ったらポチっとクリック♪

↓↓あなたからのメッセージが励みになります♪